利用企業

クラウド請求書受領サービス Bill One

多数の拠点や部門へバラバラに届いていた
紙の請求書も、PDFの請求書も、
あらゆる請求書がデータ化され、ひとつになって届く。

非定型の名刺を正確にデータ化し続けてきた
Sansanのテクノロジーとオペレーションによって、
これまでにない方法で請求書を処理できます。

アナログから、デジタルへ。

Bill Oneは、企業内に残る事務作業をオンライン化し、
請求書に関する業務を効率化します。

3つのメリット

BCP対策

テレワークが実現できる

請求書の受け取りから保管まで、請求書に関するさまざまな業務をオンラインで完結することができます。請求書の対応をするために社員を出社させる必要がなくなり、企業のテレワーク推進を後押しします。また、業務のペーパーレス化にもつながります。

コミュニケーションの活性化

すぐに請求書が確認できる

請求書のデータ化と並行して、届いた請求書の画像を見ながら必要な処理をすぐに進められます。自社に届いた全ての請求書について、受け取り状況や作業進捗を共有することができるほか、取引先の企業名で請求書を検索することも簡単に行えます。

コスト可視化

組織全体の生産性があがる

請求書を取り扱うのは、経理部門だけではありません。請求書を処理する全ての部門で業務が効率化されます。郵送された請求書の開封や振り分け、拠点間や部門間で発生していた請求書の受け渡しなど、事務作業の負担が軽減され、全社的に生産性が向上します。

外部サービス連携

さまざまな外部サービスと
Bill Oneを連携させて活用することで、
請求書に関する業務のデジタル化をさらに推進します。
連携が可能な外部サービス・機能は、
今後も拡大していきます。

詳細を見る

Bill Oneは、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)に電帳法対応ソフトとして認証されています。Bill Oneを導入する企業は、電帳法の要件を個別にチェックする必要がなくなり、税務署への申請手続きを簡略化することができます。