ロゴ:Bill One

クラウド請求書受領サービス Bill One

多数の拠点や部門へバラバラに届いていた
紙の請求書も、PDFの請求書も、
あらゆる請求書がデータ化され、ひとつになって届く。

非定型の名刺を正確にデータ化し続けてきた
Sansanのテクノロジーとオペレーションによって、
これまでにない方法で請求書を処理できます。

アナログから、デジタルへ。

Bill Oneは、経理部門を含めた
会社全体の請求書業務を効率化し、
月次決算業務を加速することで、
経営の意思決定スピードを向上させます。

3つのメリット

BCP対策

あらゆる請求書を
オンラインで受け取れる

請求書の発行元に負担をかけることなく、さまざまな方法・形式で届いていた請求書をオンラインで受け取ることができます。また、Bill Oneで受領した請求書はクラウド上で一元管理できるため、企業のテレワーク推進やペーパーレス化を後押しします。

コミュニケーションの活性化

法改正に対応した
業務フローを構築できる

電子帳簿保存法の改正、インボイス制度の導入など、請求書業務は大きな転換期を迎えています。電子帳簿保存法やインボイス制度で求められる要件や対応については、Bill Oneが自動で対応するため、法改正の都度、業務フローを変更する必要はありません。

コスト可視化

経理部門に限らず
組織全体の生産性が上がる

経理部門による入力作業や確認作業の負担を削減するだけでなく、経理部門以外で発生している請求書に関するあらゆる作業やコミュニケーションをデジタル化することで効率化。自社内、企業間における請求書の授受に関するスピードを向上させます。

テレワーク推進を支援
スモールビジネスプラン

無料ではじめる 100名を超える法人の方はこちら
Bill Oneができること

紙の請求書は代理で受け取り、
面倒なスキャンも行います。
PDFの請求書はアップロードするだけ。
Bill Oneなら、
どのような請求書でもオンラインで受け取れます。
請求書を受け取る側はもちろん、
発行する側にも負担をかけずに
利用を始められます。

請求書を発行する企業
Bill One
  • ワンストップ受領

    請求書の発行元には、
    これまで通りに請求書を送ってもらうだけ。
    さまざまな形式・方法で送付される請求書を
    Bill Oneが集約します。

  • 99.9%の精度でデータ化

    AI、OCR、入力オペレーターが、
    99.9%という高い精度で請求書をデータ化。
    請求書の受領やデータ化の完了を
    担当者にメールで通知します。

  • クラウド上で一元管理

    データ化された請求書は、
    専用のデータベースで一元管理できます。
    検索が簡単になり、他のシステムと連携させて
    活用することもできます。

従業員数100名以下の法人限定
スモールビジネスプラン

所属部門を問わず、請求書に関する業務を行うために、
83.7%*のビジネスパーソンが出社しています。
さまざまな理由でテレワークの導入が進めづらい、
中小規模の企業におけるテレワーク推進を後押しします。

  • 請求書のデータ化無料
  • 紙の請求書のスキャン代行無料
  • 代理受領無料
  • 改正電子帳簿保存法対応(Bill Oneからの索引簿作成)無料
  • 無料で受け取れる請求書100件/月
  • 閲覧できる請求書最新500件
  • ※ 法人または個人事業主で、かつ従業員が100名以下の場合にのみ利用できるプランです。
  • ※ 「閲覧できる請求書」とは、Bill Oneの画面上で検索・一覧表示できる請求書を指します。
    最新500件分より以前に登録された請求書を検索・一覧表示する場合は、有料プランへの切り替えが必要になります。
  • ※ 請求書の登録件数が500件を超えた場合でも、無料でBill Oneを利用し続けることができます。
  • * 出典:請求書に関する業務の実態調査2021(2021年1月 Sansan株式会社調査)
従業員数が100名を超える法人の方はこちら

テレワーク推進を支援
スモールビジネスプラン

無料ではじめる 100名を超える法人の方はこちら

よくあるご質問

スモールビジネスプランについて

無料で使い続けることはできますか?

1カ月当たりの請求書受領件数が100件を超えない限りは、無料で利用できます。また、受け取った請求書は、最新500件分まで無料で閲覧することができます。

利用できる機能に制限はありますか?

「請求書のデータ化」「スキャン代行」「代理受領」など、Bill Oneの基本的な機能は全て無料で利用できます。ただし、外部サービスとのAPI連携、FBデータ出力(開発中)といった有料オプション機能を利用する場合には、申し込みが必要になります。

プランの上限を超えた場合は、サービスの利用ができなくなりますか?

本プランの上限を超えた場合でも、引き続きBill Oneのサービスを利用することができます。ただし、1カ月当たりの請求書受領件数が100件を超えた場合は、翌月のご利用分から有料プランへの切り替えが必要になります。また、請求書の登録件数が500件を超えた場合は、閲覧できる請求書が最新500件までに制限されます。最新500件分より以前に登録された請求書を閲覧できるようにする場合は、有料プランへの切り替えが必要になります。

2022年1月から施行される改正電子帳簿保存法に、スモールビジネスプランは対応していますか?

はい、お客様が追加作業を行うことで対応できます。

改正電子帳簿保存法における請求書を電子保存する要件を満たすためには、「真実性」と「可視性」の確保することが必要となります。Bill Oneは、請求書の内容を「訂正削除できないシステム」であり、日付・金額・取引先名を正確にデータ化するため、「真実性」と「可視性」を確保する点で要件を満たしています。

ただし、スモールビジネスプランには、Bill One上で閲覧できる請求書件数に制限があるため、Bill Oneの機能を使って定期的に索引簿を作成する必要があります。また、国税庁のサンプルを参考にして事務処理規程を定める必要があります。なお、Bill Oneを有料プランで利用する場合には、これらの作業を行う必要はありません。詳しくはお問い合わせください。

Bill Oneの利用について

どのような企業に向けたサービスですか?

大企業から中小規模の企業まで、企業規模を問わず利用できるサービスです。ERPやワークフローシステム(社内申請システム)などを利用している企業でも、現在利用しているシステムを使ったままBill Oneを導入することができます。

申し込みから利用開始まで、どのくらいかかりますか?

最短1営業日で利用を開始できます。社内での周知や請求書を発行する企業への依頼などを含めても、通常1カ月程度の期間で利用が定着しています。

利用を開始するに当たって、請求書を発行する企業への連絡を支援する機能はありますか?

はい。取引先企業に連絡するためのメールテンプレートが用意されています。また、CSVファイルを使って、取引先の一括登録からメール送信まで簡単に行うことができます。

請求書を発行する企業に請求書の送付方法を変更してもらう必要はありますか?

必要ありません。郵送の場合は、Sansan株式会社が代理で請求書を受領し、スキャンを代行します。請求書を発行する企業に負担をかける心配はありません。

代理受領された紙の請求書は、どのように扱われますか?

代理受領された紙の請求書は、受領した月の翌月に契約者宛にまとめてお送りします。なお、送付にかかる配送料は当社が負担します。

セキュリティーについて教えてください。

Sansan株式会社が提供するクラウド名刺管理サービス「Sansan」と同等の高度なセキュリティー対策(暗号化やPMSの構築など)を行っています。

請求書のデータ化について

請求書のデータ化には、どのくらいの時間がかかりますか? 請求書の処理が遅れませんか?

通常は、請求書の受領から数時間以内でデータ化が完了します。また、受け取った請求書はデータ化される前であっても画像として確認できるため、担当者間の受け渡しや社内便の到着などを待つことなく、請求書の対応をすぐに始めることができます。

データ化に当たって、誤りが発生するおそれはありませんか?

ご安心ください。メールアドレスや電話番号など、1文字でも間違ってしまっては意味をなさない名刺の情報を短時間で正確にデータ化してきたSansan株式会社のテクノロジーとオペレーションによって、正確に請求書をデータ化します。

請求書をクラウド上で一元管理するメリットを教えてください。

Bill Oneで請求書を一元管理することで、自社が受領した全ての請求書をまとめて確認できます。担当者による提出漏れや紛失などを防ぐことができ、請求書に関する業務を効率化できます。

テレワーク推進を支援
スモールビジネスプラン

無料ではじめる 100名を超える法人の方はこちら